We are the BeerBoys!

ビール好き集合♪

115億円返してよー!

皆さんこんばんは!
ビールボーイズ兄の方です♪

最近新聞を読んでいたら、興味深い記事があったので、ご紹介したいと思います!

【日経新聞2016年10月15日】
ビール系税制、競争力そぐ、不服審判所、サッポロの税金返還認めず、日本勢、海外開拓に遅れ。

みなさん、サッポロビールが2013年に発売した「極ゼロ」という、商品を知っていますか?

この商品はいわゆる「第3のビール」と言われる種類で、酒税法で定義されるビールや発泡酒より酒税が低く抑えられているのです。

サッポロビールは、これを「第3のビールです」として価格設定をして販売開始したのですが、しばらく経ってから、税務当局から「これ発泡酒じゃないの?」「発泡酒なら、酒税の納税足りないよ!」と言われたんですね。

その額なんと、115億円!

宝くじが10回当たっても、足りません…。

ちなみにこれは、115円!

さすがの大手でもこの金額はビックリですよね…。そして、納税しないと延滞金が課されるので、サッポロは取り合えず納税して、同商品の出荷を停止したわけです。

その後サッポロは、「第三のビールとしての確証を得た」として異議を申し立てたのですが、税務当局に棄却されたため2015年10月に国税不服審判所に審査請求していたのです。

サッポロが「やっぱり第3のビールで、間違ってなかったから、返してよー」と言ったのに、税務当局が「そんなの通じるわけないでしょ?」と言われちゃったので、サッポロは「不服だー!ぶーぶー!」と言っていたのですね。

それが、まさかの棄却…( ´Д`)=3

サッポロとしては、今後裁判に持ち込む考えもあるようです。

115億円、果たしてどちらに転がり込むのでしょうか?今後の進展が気になります…。

でも、あれですよね、日本の税制って本当に「バカか?」って、思いますよ。政府が自分達で複雑な法律を作って、それを間違えたら「はい!延滞税!」。

理解できないあなた方悪いんでしょ?

ビール醸造家が頑張って、ビールより安い発泡酒を作り、それに人気が出たら、「はい!増税!」。

やれやれって感じです。
そういえば、日本でビールに課税が開始されたのは1901年。日露戦争の軍費を調達するためでした。

せんそうって70年以上前に終わってませんでしたっけ??
今の酒税は何に使われているのだろうと思った最近でした(笑)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)